• このサイトの使い方
  • お役立ちノウハウ
  • 手続きマニュアル
  • お問い合わせ
ご利用件数800万件突破

2006年6月にオープンして以来、多くのお客さまに一括見積もり&料金比較をご利用いただき、おかげさまでトータルご紹介件数800万件突破を突破いたしました。提携業者数も業界トップクラスの150社以上です。安心と信頼の「引越し比較ガイド」をぜひ、ご利用ください!

QRコード対応携帯電話で読み取ってください。

上記QRコードを読み取るだけでモバイル版引越し比較ガイドのURLが表示されます。

EZWeb

トップメニュー>カテゴリで探す>住宅・健康・暮らし>住宅>引越し価格ガイドEZ

 

手続き

引越しの際に面倒なのが、住所変更などの各種届出。どんな手続きがあるのか分からない方が多いと思います。そこで、1ヶ月前~完了後までの手続きの流れをご紹介します。

事前の手続き3

転校の手続き

公立の小中学校へ通学しているお子さんがいる場合、学区域外へ引越しする際、転校手続きが必要となります。手続きは市区町村への「転入届」を提出しなければなりません。引越しの1カ月前までには手続きを行いましょう。また、私立の小中学校では手続きが異なります。それぞれの学校へ問い合わせをしてください。

<公立の小中学校の場合の転校手続き>

★現住所と同じ市町村へ引越しする場合の転校手続き
 ↓
転校する旨を、在学中の学校へ連絡
 ↓
「在学証明書」と「教科書給与証明書」を、在学中の学校から受け取る
 ↓
現住所の市区役所または町村役場へ「転居届」を提出
 ↓
新しく作成した住民票を教育委員会に提出。
そうすると引越先で入学する学校が指定されて、
「転入学通知書」が発行
 ↓
「転入学通知書」と「在学証明書」と「教科書給与証明書」を指定された学校へ提出
 ↓
転校

★現住所とは異なる市町村へ引越しする場合の転校手続き 
 ↓
転校する旨を、在学中の学校へ連絡
 ↓
「在学証明書」と「教科書給与証明書」を、在学中の学校から受け取る
 ↓
現在住んでいるエリアの市区役所または町役場にて「転出」手続き
 ↓
転居先エリアの市区役所または町役場にて「転入」の手続き
 ↓
新しく作成した住民票を転居先の管轄内の教育委員会に提出すると
転校する学校が指定され、「転入学通知書」発行
 ↓
転校