• このサイトの使い方
  • お役立ちノウハウ
  • 手続きマニュアル
  • お問い合わせ
ご利用件数800万件突破

2006年6月にオープンして以来、多くのお客さまに一括見積もり&料金比較をご利用いただき、おかげさまでトータルご紹介件数800万件突破を突破いたしました。提携業者数も業界トップクラスの150社以上です。安心と信頼の「引越し比較ガイド」をぜひ、ご利用ください!

QRコード対応携帯電話で読み取ってください。

上記QRコードを読み取るだけでモバイル版引越し比較ガイドのURLが表示されます。

EZWeb

トップメニュー>カテゴリで探す>住宅・健康・暮らし>住宅>引越し価格ガイドEZ

 

手続き

引越しの際に面倒なのが、住所変更などの各種届出。どんな手続きがあるのか分からない方が多いと思います。そこで、1ヶ月前~完了後までの手続きの流れをご紹介します。

当日にすること3

紛失物がないかチェック

旧居を出る際、押入れなどの収納場所に荷物が残っていないか、積み忘れがないかをチェックし、引越先で荷物の搬入が終わったら、トラックの荷台に降ろし忘れがないか、しっかりと確認しましょう。ダンボール箱に通し番号を明記しておくと、荷物確認も簡単です。いずれも引越し業者のスタッフと一緒に確認するのがベストです。

使用後のダンボール箱を処分

荷物を新居に運び入れ、中身を所定の場所へ収納し終わると、ダンボールの空箱は不要になります。ゴミにするにしても、大量にあるため処分も大変です。引越し業者から贈られたダンボール箱であれば、ほとんどの業者が無料で空箱を引き取ってくれます。その場合、回収してもらう日を、当日の作業終了後までに引越作業スタッフに伝えることを忘れずに。

引越し料金の清算

引越し業者への支払いは、荷物の搬入終了後に行います。料金は現金で支払うのが一般的ですが、業者によっては銀行振込やクレジットカードで決済できる場合もあります。支払方法に関しては、前もって確認しておきましょう。料金を支払う際、清算額と見積もり金額が異なっていないか、当日にオプション料金が発生した場合は、その内容と金額とをきちんと確認しましょう。また清算後は、必ず領収書をもらうようにします。
可能ならば、ワレモノなどが入った荷物はできるだけ早く荷解きし、破損があった場合などはスタッフがいるうちに伝えるのがベターです。どんな荷物でも、破損を見つけたら、引越し業者へ3カ月以内に連絡を入れないと保証無効になってしまいます。引越し当日でなくても、荷物の中身チェックは早めに済ませましょう。

旧居の掃除と忘れ物確認

大型の家具類などを運び出してから、旧居を掃除するのが効率的です。荷物の搬出がすべて終了したら、運び忘れがないかをチェックしましょう。梱包荷物のほか、郵便ポスト、表札、自転車、ベランダの道具類など、置き忘れるケースが多いので、ご注意を。

<掃除のテクニック>