• このサイトの使い方
  • お役立ちノウハウ
  • 手続きマニュアル
  • お問い合わせ
ご利用件数800万件突破

2006年6月にオープンして以来、多くのお客さまに一括見積もり&料金比較をご利用いただき、おかげさまでトータルご紹介件数800万件突破を突破いたしました。提携業者数も業界トップクラスの150社以上です。安心と信頼の「引越し比較ガイド」をぜひ、ご利用ください!

QRコード対応携帯電話で読み取ってください。

上記QRコードを読み取るだけでモバイル版引越し比較ガイドのURLが表示されます。

EZWeb

トップメニュー>カテゴリで探す>住宅・健康・暮らし>住宅>引越し価格ガイドEZ

 

トラブル回避術

トラブルには、作業の遅れ、荷物の破損・紛失など様々なものがあります。このようなトラブルがあった時に困ならないように、知っておくと助かるトラブル回避のコツをご紹介します。

保険加入について

「高価な食器が割れてしまった」「大切な家具を傷つけられた」など、引越での荷物の破損はときとして起こりがちなものです。万が一のアクシデントやトラブルに備え、契約の際には損害保険などの引越時の保険加入について、しっかりと確認しましょう。

引越会社が加入する損害保険

引越荷物を搬送中の交通事故や荷物の破損、また荷物の紛失など、万が一のアクシデントに対応するため、引越会社が損害保険に加入しているかどうか、契約の際に確認を。
また、見積金額の中に損害保険料が含まれているか? 掛け金はいくらで、補償はしてもらえるか、またどの程度まで可能なのか? 自社保険加入の場合は、その補償の詳細を、きちんと説明してもらいましょう。

家屋や家財の破損事故に関して

荷物が破損した場合、大手の引越会社ならば速やかに対応してくれます。依頼主の目の前で作業スタッフが運搬中の家具を壁にぶつけてしまった場合など、引越会社側に過失があるモノに関しては、破損事故として損害が補償されます。補償の範囲は、引越会社や加入保健の内容によって異なります。
運び込まれた家具の傷や、荷解きをしたら食器が割れていたなど、破損を見つけた場合は、すぐに作業スタッフに確認してもらいましょう。作業スタッフが帰ってから破損を見つけた場合、すみやかに引越会社の担当者に連絡してください。引越後3カ月を経過した後は、補償の対象外となります。
また、損害保険で家具を修理する際、時間がかかる場合が多いので、代替品を用意してもらうよう交渉を進めましょう。いずれにしても1品につき30~50万円くらいまでしか補償されないため、それ以上の高額な家財に関しては、特殊貨物運送保険への加入がおすすめです。

<引越業者が加入する保険の種類>

引越業者による事業者のための賠償責任保険
運送受託貨物賠償責任保険 ・・・ 引越荷物の破損、紛失に対する保険
請負業者賠償責任保険 ・・・ 引越作業にともなう荷主や第三者の身体や財物に対する保険